スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かやぶきの屋根、たな引く白い雲・・・、大自然に抱かれた日本の昔話の里へタイムスリップドライブ!【Point⑥】番外編

【番外編】 道の駅ふれあい広場(ふらっと美山) 
美山で見つけたおいしい自然の恵たちをご紹介!!
ふらっと美山外観


●新鮮野菜
朝採れたての野菜
「ふらっと美山」に並ぶ野菜はとっても新鮮っ地域の皆さんの朝採りたて野菜。 生産者の方のお名前や商品名が記載されたバーコードが付いていて、誰が作った野菜さとと-きゅうりか一目瞭然、とっても安心です朝一番に行かなきゃ、売り切れちゃうかもッ

●手造りソーセージ
ソーセージ
(左)野生鹿ソーセージ 630円、(右)ミルク(美山牛乳)ソーセージ 630円

●美山牛乳牛乳
美山牛乳の製品
一押し商品自然豊かな美山で育った乳牛から搾ったコクのある牛乳と、その牛乳をふんだんに使って作られた商品たち♪♪

(左上から時計回りに)
・美山牛乳900cc入り瓶 475円 
・美山牛乳200cc入り紙パック 100円 
・美山牛乳レアチーズケーキ 400円 
・美山牛乳チーズケーキ 600円 
・美山牛乳キャラメル 380円 
・美山牛乳サブレ1枚 140円 (※5枚箱入り 780円もあります) 
・美山卵プリン 150円 
・美山牛乳プリン 160円 

                     

■DATA
住所: 京都府南丹市美山町安掛下23-2
電話: 0771-75-0190
時間: 【4~9月】午前8時30分~午後6時、【10~3月】午前8時30分~午後5時
休日: 【4~12月】無休で営業、【1~3月】第2・第4水曜日(※年末年始(5日間程度)も休業)
URL:  http://www.cans.zaq.ne.jp/fmiyama/
駐車場: 有り

                     

スポンサーサイト

かやぶきの屋根、たな引く白い雲・・・、大自然に抱かれた日本の昔話の里へタイムスリップドライブ!【Point⑤】

【Point⑤】 美山町自然文化村 河鹿荘 
バラの花に癒される贅沢 バラ風呂とバラの化粧水作りを体験♪
河鹿荘のローズガーデン
美山にバラ薔薇 とは、なんとも不思議な取り合わせですが、ここ美山町自然文化村には約150種600本のバラが咲き誇るローズガーデン(上写真)があって、5月末~6月下旬と9月下旬~10月中旬の期間、優雅な香りを辺りに漂わせていますうふ。このバラを利用して、ここの施設では、バラ料理にバラ風呂・バラの化粧水作り体験を実施しています
手作り薔薇の化粧水 バラ薔薇1 には、美を作りだす大きなパワー
潜んでいます。ここで育てられたバラを使い、
オリジナルのバラの化粧水をつくってみませんか?

薔薇1
■バラの化粧水作り(1~10名様)
体験料:1,300円/人、所要時間約20分 ※要予約

(550円で販売もされています♪)
5月末~6月下旬と9月下旬~10月中旬の期間は毎日、ローズガーデン内で摘んだバラバラの花を浮かべたお風呂が楽しめます
バラ薔薇(橙)には収斂(しゅうれん)作用があり、疲れたお肌に張りを与えます。女風呂だけでなく、男風呂にもバラの花が浮かべられるそうで、意外に男性にも人気が高いのだとか。笑
シーズンオフは、土曜と日曜だけバラ風呂になり、それ以外の平日は、美山で摘んだハーブをつかった薬草風呂になります

IMG_1723.jpg

                     

■DATA
住所: 京都府南丹市美山町下向56番地
電話: 0771-77-0014
時間: 【日帰り入浴】午前11時~午後8時
休館: 毎月第2月曜日、12月~3月は毎週月曜日(但し、月曜日が祝日の場合は火曜日)※8月、10月、11月は休まず営業(年末年始の休館日:12月28(月)~1月1日(金))
料金: 【日帰り入浴】大人:500円、4歳~小学生:300円
URL:  http://www.cans.zaq.ne.jp/m-kajika/
駐車場: 有り(120台)
かやぶきの里からの交通: 国道38号線を道なりに東進→橋を渡って川沿いを南進

                     

 

かやぶきの屋根、たな引く白い雲・・・、大自然に抱かれた日本の昔話の里へタイムスリップドライブ!【Point④】

【Point④】 かやぶきの里 
心のふるさと、日本のふるさと 今なお息づく新しい農村風景
かやぶきの里全体写真

小さいころ欠かさず見ていた日本昔話のオープニングテーマを、思わず口ずさんでしまいたくなりました
約50戸の集落の内38棟のかやぶきが今なおこの地に残っていて、その残存率は日本一なんだとかえぇ。かやぶきが残る風景は、美山以外にも日本に数ヶ所ありますが、この集落のすごいところは、今なお、現役で地元の人々が生活を営んでいるということ。ここで暮らす人々と訪れる人々の交流を大切にしてきたたまものですbikkuri01
もちろん、集落にはお食事処や民宿、民俗資料館もあるので、自然が織りなす日本の農村風景牧草を楽しみながら、人々の温かいおもてなしを楽しむこともできます。 多くのかやぶき民家が江戸時代に建てられたもので、平成5年には、国の「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受けています
かやぶきの里内に植えられる季節の花花 かやぶきの里全体写真2
(↑里内を彩る季節の花々)  (↑人々が普通に生活を営んでいます。)

鮎登り かやぶきの里内の民宿 またべ
(↑鮎のぼり)               (↑民宿「またべ」さんでは、地元の
                       素材を使った季節料理が味わえます。)


                     

■DATA
住所: 京都府南丹市美山町北
お問い合わせ: 0771-77-0660((有)かやぶきの里)
URL: http://www.kayabukinosato.com/
駐車場: 有り(府道沿い集落指定駐車場を利用)
ブラッスリーカンパーニュからの交通: 国道19号線を安掛に向かって北上→国道38号線に入り東進

                     

かやぶきの屋根、たな引く白い雲・・・、大自然に抱かれた日本の昔話の里へタイムスリップドライブ!【Point③】

【Point③】 ブラッスリーカンパーニュ 
フレンチMeets 美山★美山の自然を丸ごと封じ込めたセレブランチ♪ 
ブラッスリーカンパーニュ外観とシェフの中澤氏


で店の前に辿りついたとき、すぐに、数年前訪れた南フランスの田園風景が頭に思い浮かびました。白い壁に天井の高い屋根、奥には一日一組をもてなす宿泊コテージ家、また隣接する庭にはいろんな季節の野草や果物の実がなっていて、スタッフの方が本日のランチ用に木イチゴを摘み取っておられました買い物カゴ。なんて素敵な光景bikkuri01 ここはまさしく、美山の自然に溶け込んだ「フランスの山里」なのです

シェフの中澤氏 フレンチレストラン内装
(↑食材の声を聴きながら調理する楽しみを           (↑ブラッスリーカンパーニュの奥の部屋(フレンチ
  お話しくださった中澤シェフ)                    レストラン)では、本格フレンチが味わえる)

京都のビストロ料理の草分け的存在である中澤シェフコック帽が、ここ美山に一日一客だけをもてなす宿泊を備えたフレンチレストラン=オーベルジュをオープンさせたのは、今から約10年前のこと。「宿泊客以外の方にも気軽に楽しんでもらえるフレンチがあっても良いのでは?」と、2年前にオーベルジュの店内に予約制のお気軽フレンチ 「ブラッスリーカンパーニュ」 をオープンさせました。  どのプレートも、地元で採れた野菜さとと-きゅうりや果物苺、またお肉肉を使って調理されていて、中澤氏がいう美山の自然と太陽にたわむれる食材本来の味を最大限に生かしたフランスの田舎料理が味わえます
  「最近、都会のフレンチにはちょっと飽きたわ」、なんていう小粋な大人組には、ぜひとも訪れてほしいフランスのエスプリ感漂う素敵なお店です。
市内から車で約1時間半。お料理もシェフコック帽のお喋りも十二分に楽しめる価値あるお店です


■デジュネ(本日のランチ)メニューのご紹介♪
前菜・メイン・パン・コーヒー・デザート 3,000円(税込)です

前菜 メイン
(↑前菜:ニシンとホタテのマリネサラダ)              (↑メイン:丹波牛のブレゼ(赤ワイン煮込み)と 
                                        日吉町の古代米のバターライス添え)
デザート





(←デゼール:マンゴーのソルベとブランマンジェ)
                     

■DATA
住所: 京都府南丹市美山町板橋舟ノ向16-1
電話: 0771-75-2001
時間: ランチ:午前11時30分~午後2時(L.O.午後1時)、ディナー:午後5時~午後9時(L.O.午後7時)   
定休日: 火曜日
料金: 【ブラッスリーカンパーニュ】デジュネ(本日のランチ)3,000円、本日のディナー3,500円、デザート盛り合わせ630円など ※要予約 当日予約OK【フレンチレストラン】ランチ・ディナーともに、6,300円・8,400円・10,500円の3コース(前日要予約)
URL: http://www.a-nakazawa.com
駐車場: 有り
神田の水からの交通: 国道368号線から国道19号線を南進し道なり東側

                     

かやぶきの屋根、たな引く白い雲・・・、大自然に抱かれた日本の昔話の里へタイムスリップドライブ!【Point②】

【Point②】 神田の水(じんでんのみず) 
かつて一度も涸れたことのない 美山の名水を味わおう! 
神田の水2(全体)


「美山かやぶき美術館」から車で4分ほど走ったところに、由良川の源流から湧き出た水を汲める場所がありますこの湧水は、どんなに日照りが続いても、未だかつて涸れたことがないという真実から、この辺りでは「神田の水」とよばれています。美山名水株式会社の向かいにあるので、看板を目印にして車を走らせましょう

神田の水1
ひんやりと冷たい山の水には、ミネラル分がたっぷり含まれていて、無味無臭でとても飲みやすいのが特徴です。
美山では水道水もとてもおいしいので、わざわざ地元の人がこの湧水を汲みにくることは少ないとのことですが、週末ごとにやってくる他府県の常連さんもいるのだとかえぇ
ペットボトルペットボトルやポリ容器を持っていけば自由に汲んで持ち帰れますが、やはり暑い夏は、その場で飲んで乾いた喉をうるおしたいですね
                     

■DATA
住所: 京都府南丹市美山町島神田
料金: 無料(自然の恵みです。無謀な持ち帰りはやめましょう。)
駐車場: 有り
お問い合わせ: 0771-75-1906(美山町観光協会)
美山かやぶき美術館・資料館からの交通: 国道368号線を南に向かって約4分西側

                     

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。